bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル
1社のみ任意整理するのは可能?

任意整理を検討しています。
現在6社から借入れをしているのですが、借入れ額が小さい1社のみを先に完済してしまうことはできますか?

 

任意整理では対象とする業者を選ぶことができます!

 

1社のみの完済を目指して手続きに入ることはできますよ^^
無料相談フォーム

 

なぜなら、任意整理は裁判所を通さない手続き方法だからです。
これは他の整理手段と大きく異なるポイントです。

 

任意整理は、依頼した弁護士や司法書士が債権者と個別に交渉をし、借金を減額するための和解を目指すものです。
そのため裁判所を通した手続き(債権者を一括して対象とする)と異なり、交渉をしたい相手とだけ交渉をしてもらうことが出来るのです。

 

対象となる債権者を選択できることのメリットとしては、

多重債務の混乱から免れる

借入れ額が小さい債権者を選んで一先ず完済してしまうことにより、債権者の数を減らすことができます。
それにより、多重債務による返済の混乱から抜け出すことが出来るでしょう。

 

保証人に迷惑をかけたくない

保証人のついている借金のみ対象から外すということも可能です。
特に親戚や知人が保証人となっている場合、保証人へ債務が移ることは避けたいですよね。
それでも借金を整理したいときには任意整理が適切です。 
交渉の対象に、保証人のついていない債権者のみ選択すればいいのです。

 

今後の取引き不能を回避する

任意整理を行うと、当然その債権者からは信用が失われてしまいます。
これは借金を返しきれなかったのですから仕方ないですよね。
信用が失われてしまうと、その業者から新たに借入れをすることが難しくなります
ですが、多重債務であり主要な貸金業者のほとんどから借りているという状況の場合、全てを整理対象にしてしまうことは今後の取引きのためには避けたいでしょう。
その全ての業者から借りられなくなると、いざというときに困りますからね。
それを避けるため、任意整理では借入れ額に関係なく高金利の業者だけを対象にすることができます。
高金利の業者とは、今後取引きしたいとは思いませんからね。

 

自動車ローン・銀行ローンを維持

自動車を手放したくない場合などは自動車ローンを組んでいる業者のみ対象から外すということも可能です。
その他、銀行で組んでいるいかなるローンも同じです。

 

 

このようなメリットを受けながら借金を整理したい場合には任意整理が向いていますよ!
無料相談フォーム