bookmark

失敗しない!債務整理業者選びマニュアル

【自己破産事例3】借金残高500万円、34歳保険外交員の場合

 

事例3

保険外交員Wさん
34歳男性
妻と子供2人(1歳、3歳)
借金残高:約500万円 収入:月給約35万円 
月々の返済額:約20万円
要望:仕事絡みで重なった借金。仕事も借金も清算したい。

新入社員の頃から続けている保険外交員という仕事。
成績には継続率というものがあり、継続率が悪い保険契約ばかり持っていると給料にも響く。
早期に「解約する」と言われたときは、全力で解約防止に努めなければいけない。
知り合いなどの場合は「私が保険料を出すから、あと半年続けて欲しい」などと頼むこともあり、そういう顧客が増えることでドンドンと手出しが多くなった。
それが積み重なって、3年前にはサラ金に200万、カードのキャッシング枠で100万の借金が出来た。
今は借りることもできず返済ばかりで、生活に支障が出てきた。
保険外交員を辞めることにし、これを機に弁護士への相談をおこなった。

 

【自己破産手続き前の借金および返済の内訳】

借金残高

月々の返済

月給

約500万円 

約20万円 

約35万円

 

今後の収入源が不安定

保険外交員をやめたいという要望があり、次の仕事が見つかってはいない状況だった。
残高だけ見ると他の整理方法でも可能ではあるが、収入源が不明確であるということからそれは難しいと判断できる。
安定した収入がない場合は自己破産が主流。

 

短い取引き期間

借金に苦しみ始めたのは5年ほど前のこと。
膨れ上がったのは30歳を過ぎた頃ということで、取引き期間がさほど長くない。
この場合にはそれほど多額の過払い金を見込めないため、任意整理だと減額の効果が薄い
短期間で多額の借金を生んでしまった場合には個人再生や自己破産の方が適切。

 

自己破産の結果...
〇借金500万円を全額清算できた。
〇今後の収入は全て生活費や教育費にまわせる。
〇破産申請中に仕事も辞職。退職金で破産整理費用を賄った。

 

 

自己破産の費用を確認